FAQ

よくあるご質問

商品について

  • どんな場合だと加入できませんか

    乳がん・子宮頸がん・子宮体がん再発保障保険は、下記のいずれかに該当する場合は、保険加入ができません。
    ※下記はお引受けできない場合の主な例です。
    ・初めて罹患したがんではない場合。
    ・がんの再発や転移がある場合。
    ・加入する保険のがん種類以外のがんの罹患がある場合。
    ・現在、がんの所見がある場合。
    ・現在、入院中または入院の予定がある場合。
    ・がんのステージが0、Ⅰ、Ⅱ(ⅡA及びⅡB含む)以外である場合。
    ・がんの手術から6ヶ月経過していない場合。

  • 加入後、保障のない待期期間はありますか?

    乳がん・子宮頸がん・子宮体がん再発保障保険は、死亡保険金・高度障害保険金の保障に関しましては、保障のない「待機期間」はございません。責任開始(保障開始)日から保障の対象となります。なお、がん診断給付金の責任開始(保障開始)日は、死亡保険金・高度障害保険金の責任開始(保障開始)日からその日を含めて91日目が責任開始(保障開始)日となり保障が開始されます。

  • 申し込んでから、どのくらいで保障が開始しますか?

    お申し込み後、90日以内に診断書の提出をお願いいたします。
    診断書受領後、当社所定の審査を行います。審査の結果、当社がお申込みを承諾した翌月の1日から死亡保障が開始となり、その日を「責任開始日(契約日)」と言います。
    なお、がん診断給付金は、責任開始日からその日を含めて、91日目から保障が開始します。

  • 万が一会社が破たんした場合、契約はどうなりますか?

    保険契約者保護機構(セーフティーネット)は、万一保険会社が破たんした場合でも保険ご契約者さまなどの保護を図ることを目的に、生・損保別に設立されましたが、少額短期保険業はこの制度の対象外となっております。
    ただし、少額短期保険業については、法令などにより、供託金、最低資本金などの規制措置が講じられていることで、ご契約者さまの保護を図っています。

  • 保険金の限度額はありますか?

    がん再発診断給付金額は80万円のみ、死亡保険金額・高度障害保険金額は100万円、200万円、300万円をお選びいただけます。

  • 保険期間は何年ですか?

    契約日からその日を含めて1年間です。
    なお、満80歳までの被保険者の方は自動で更新がされます。

  • 特約で追加できる保障はありますか?

    シンプルな保障の商品なため、保障を追加するための特約は設けておりません。

  • 契約後にウェブサイトなどで手軽に契約内容を確認したいのですが

    ご契約者さまのマイページから保障内容をご確認いただけます。

お申込み手続きについて

保険料のお支払いについて

保険金・給付金の請求について

ご契約者さま向けの各手続きについて

MICIN Insurance・MICINについて

  • 少額短期保険とは?

    保険業のうち、一定の事業規模の範囲内において、保険金額が少額、保険期間が短期の保険です。
    以下のような制限や規制があります。

    【保険金額の上限】
    疾病による重度障害・死亡:300万円
    疾病・障害による入院給付金等:80万円
    傷害による重度傷害・死亡:600万円
    損害保険:1,000万円
    【少額短期保険業者に関する主な規制】
    年間収受保険料:50億円以下
    最低資本金 :1,000万円
    保険期間 損害保険:2年 生命保険・医療保険:1年
    生命保険と損害保険の兼営が可能

  • 少額短期保険業者と保険会社の違いは何ですか?

    少額短期保険業者は、保険会社に比べて、一定の事業規模の範囲内で保険金が少額かつ保険期間が短期の商品のみを取り扱う一方、最低資本金などの規制が緩和されています。
    また、掛け捨て型の保険を扱うため、資産運用リスクが小さいのも保険会社と異なる点です。
    なお、保険会社は、生命保険と損害保険の兼営が禁止されていますが、少額短期保険業者は、生命保険・損害保険の兼営が認められています。

当サイトのご利用について

その他

  • 保険金・保険料など、保険の専門用語について教えてください。

    保険金(給付金):被保険者が支払事由に該当した場合に、会社から保険金(給付金)受取人にお支払いするお金のことです。
    契約年齢:責任開始日における被保険者の年齢のことです。当社の保険契約では契約年齢は満年齢で計算します。
    告知義務と告知義務違反:被保険者は保険契約のお申込みや保険金額・給付金額が増額するコースへの変更をする際に、現在の健康状態、過去の病歴など会社が書面等でご質問する内容について、会社に事実をありのまま報告していただきます。これを「告知義務」といいます。会社に報告していただいた内容が事実と違っていた場合は、「告知義務違反」として、会社は保険契約を解除することがあります。
    失効:保険料のお払込みがない場合、保険契約の効力が失われることです。契約が失効してしまった場合は復活できませんので、ご注意ください。
    支払事由:約款に定める保険金・給付金をお支払いする場合のことです。
    責任開始日:会社が保障を開始する日のことで、契約年齢や保険期間の計算基準日になります。
    払込期月:責任開始日の応当日の属する月の1日から末日までのことです。
    引受け:保険契約のお申込みをお受けすることをいいます。
    被保険者:保障の対象となる人のことです。
    普通保険約款:会社と保険契約者との間の保険金・給付金のお支払い、保険料のお払込みなど、保険契約の内容をあらかじめ定めたものです。
    保険期間満了日:保険期間が終了する日のことです。
    保険契約者:会社と保険契約を結び、保険契約上のさまざまな権利(たとえば、契約内容の変更の請求などの権利)と義務(たとえば、保険料のお払込みなどの義務)をもつ人のことです。
    保険証券(保険契約確認証):保険金額・給付金額や保険期間などの保険契約の内容を具体的に記載したもので、保険契約の成立を証明するものです。
    保険料:保険契約者が会社に払込むお金のことです。
    保険料払込期間:保険契約者が保険料を払込む義務がある期間のことです。
    免責事由:約款に定める保険金・給付金をお支払いできない場合のことです。
    猶予期間:保険料の払込期月内にお払込みの都合がつかない場合のために設けている、お払込みを猶予する期間のことです。猶予期間内に保険料のお払込みがないと保険契約は失効します。

  • 生命保険料控除は適用されますか?

    保険料控除の対象は所得税法で限定されており、現在のところ少額短期保険業者については、まだその対象となっていないため適用されません。
    よって、控除証明書も発行しておりません。

  • 今の保険契約は海外でもそのまま保障されますか?

    原則として、ご契約が有効であれば日本国内と同様に保障は継続し、所定の必要書類のご提出で保険金・給付金の請求は可能です。
    ご不安な点がございましたら、海外に渡航される前に、あらかじめ当社にご相談ください。

  • 海外から連絡したり手続きする場合の連絡先はどこでしょうか?

    マイページまたは当社カスタマーセンターへお問合せください。

  • 保険証券が見当たりません。どうしたらよいですか?

    紙面での発行はございませんので、マイページ上で保険契約確認証をご確認ください。

上記以外の事項についても、
お気軽にお問い合わせください。
SHARE US